「小刀(こづか)」黒檀

唯一無二の本物の守り刀「小刀(こづか)」



「日本刀は殺りくの道具だと敬遠されがちです。
しかし、”守り刀”と呼ばれるように、もともとは、精神的なよりどころでした。
また、神仏や貴人に捧げる宝物げもありました。

「鍛錬する」「相槌を打つ」「しのぎを削る」「切羽詰まる」「太刀打ちできない」「目抜き通り」など、現在、日本語に使われている言葉に多くの日本刀文化の名残があります。




「小刀(こづか)」黒檀


波紋がとても綺麗に入り、「かえり」がほぼ無い状態です。
拵は、現在、材料となる黒檀や象牙がなかなか手に入りづらく、製作することがとても困難となっております。
製作時期は不明ですが、拵は、象牙の部分に色素沈着、汚れ、傷がみられる部分があります。
鞘、柄の部分に使われている黒檀は傷もなく綺麗ですが、経年による色素沈着は少しみられます。
刀身には、傷、錆などは無く守り刀として最高の力を発揮します。




小刀(こづか)とは


武士の嗜みとして持たれた日本刀拵(こしらえ)の付属品で、柄(ツカ)を付けて、所謂、現代のナイフ替わりとして使われていました。
たたら製鉄で作り出される和鋼(院玉鋼)を使用し、日本刀と同製作方法で、折り返し鍛錬、刃紋としての焼き入れが必須で、国家資格を持つ刀鍛冶(刀匠)の元でしか作ることができないものです。
所持名、記念名(銘切り)を入れることが可能で、世界で一点だけのものになります。
今では、主に、お守り、記念品、宝物として、持たれます。




タタラ製鉄


弥生時代に「鉄」が伝来されてから、日本国内ではさまざまな「製鉄」法が発展してきました。
その中でも、「たたら製鉄法渦,掘廚農犬濬个気譴觜歸瓦蓮不純物の含有量が少なく、炭素量も少ないため、非常に加工しやすいのが特徴です。




院淵吋蕁


渦,靴悩遒蟒个気譴觜歸瓦涼罎任癲⇔票舛覆發里蓮峩鵡檗廚箸い錣譟日本刀の製作に欠かせない材料とされています。




日本刀


鉄の製成法が発展し、様々なモノが作られるようになりました。
その中の一つ「刀剣」は、権威の象徴として、武器として、また、生活の道具として、私たちと共に歩んできました。
特に「日本刀」と呼ばる日本古来の武器としての刀は、日本人の魂が宿ると考えられたり、日本人の精神性を象徴するものとして、親しまれています。
現在では、日本国内の定める法律により、製作する者、作品、所持する者、など、多くの規制がありますが、歴史に興味のある方が増えたことや、今、話題のアニメのブーム、外国人による日本ブームなどによって「日本刀」の注目が高まっています。




今回ご紹介する「小刀(こづか)」黒檀


今回ご紹介する「小刀」(こづか)は、刀匠 吉田兼久氏が、日本刀の製作と同じ材料、鍛錬、焼き入れを行い、一本一本、丹精を込めて制作いたしました。
従って、同じものは2本として存在せず、唯一無二の完全オリジナル商品になります。


商品スペック



名称「小刀(こづか)」黒檀
材質【刀身】玉鋼
【拵】黒檀 象牙(紐)牛革
【はばき】象牙
サイズ全長:24.9cm
幅:2cm
高さ:1.5cm(くりかた含む)
刃渡:11.7cm
重さ約78g
生産国日本
発送方法3営業日以内に発送致します。
生産国日本
その他鑑定書はついておりません。
銃砲刀剣類登録証など、所有の許可は不要です。



生産・販売者


生産者


加治田刀剣 吉田 研 兼久

1000年以上の歴史を、脈々と受け継ぐ日本刀。
素材(たたら製鉄、和鋼玉鋼)、制作方法(鍛錬、焼入れ、研磨外装)等、 太古からの伝統に培われた、日本独自の優れた伝統工芸技術が生み出したものである。
「日本刀は殺りくの道具だと敬遠されがちです。しかし、”守り刀”と呼ばれるように、もともとは、精神的なよりどころでした。また、神仏や貴人に捧げる宝物でもありました」「鍛錬する」「相槌を打つ」「しのぎを削る」「切羽詰まる」「太刀打ちできない」「目抜き通り」など現在、日本語に使われている言葉に多くの日本刀文化の名残があります。
日本刀製作、研磨工作修理だけではなく、『触日本刀文化』を通して、日本人の精神性、文化、伝統をお伝えできればと思っております。

【経歴】
父・吉田政夫、叔父・大野正巳のもと刀剣鍛錬技術を深め、文化庁指定・現代刀匠資格を取得。
◎財団法人 日本美術刀剣保存協会 
◎全日本刀匠会
◎関伝日本刀鍛錬技術保存会 刀匠部会監査(平成22年〜26年、部会長)

販売者


合同会社キャリアアップ・イノベーション
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄一丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2810
TEL:080-8027-3382
担当:中山まで


「小刀(こづか)」黒檀

販売価格
257,400円(税込)
購入数
Soldout